震災後の地域文化と被災者の民俗誌 - 高倉浩樹

高倉浩樹 震災後の地域文化と被災者の民俗誌

Add: ozapiw61 - Date: 2020-12-15 08:29:36 - Views: 1476 - Clicks: 2429

新刊紹介 柳田国男著『祭祀習俗事典』 神社新報. 震災後の地域文化と被災者の民俗誌: 高倉浩樹, 山口睦 編: 新泉社:. 7 図書 無形民俗文化財が被災するということ : 東日本大震災と宮城県沿岸部地域. 1 (1 共著)(IMAISHI Migiwa, KITAHARA. 高倉, 浩樹(1968-). 高倉浩樹・滝澤克彦編、『無形民俗文化財が被災するということ―東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌』新泉社 高倉浩樹・山口睦編、『震災後の地域文化と被災地の民俗誌―フィールド災害人文学の構築』新泉社、年. 2) 限界研/編 飯田一史ほか/編著 海老原豊ほか/著 『東日本大震災後文学論』 南雲堂 3) 高倉浩樹・山口睦/編著 『震災後の地域文化と震災後の民俗誌』 新泉社 4 ) 小松理虔/著 『新復興論』 ゲンロン叢書. 1 形態: 318p ; 21cm 著者名:.

ブックレビュー 高倉浩樹・山口睦編 『震災後の地域文化と被災者の民俗誌—フィールド災害人文学の構築』 宗教と社会. 無形民俗文化財が被災するということ : 東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌 フォーマット: 図書 責任表示: 高倉浩樹, 滝澤克彦編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新泉社,. 第2部 いわき市における震災後の宗教教団と宗教者 : 一僧侶の支援活動と宗教者意識. 高倉, 浩樹(1968-), 曽我, 亨(1964-). 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築 / 高倉浩樹, 山口睦編||シンサイゴ ノ チイキ ブンカ ト ヒサイシャ ノ ミンゾクシ : フィールド サイガイ ジンブンガク ノ コウチク.

「学び」という希望 : 震災後の教育を考える フォーマット: 図書 責任表示: 尾木直樹著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. 高倉浩樹・山口睦編『震災後の地域文化と被災者の民俗誌 ―フィールド災害人文学の構築』新泉社、年。 福田雄『われわれが災禍を悼むとき』慶應義塾大学出版会、 年。 星野英紀・弓山達也編『東日本大震災後の宗教とコミュニティ』ハーベスト社、. 震災後の地域文化と被災者の民俗誌―フィールド災害人文学の構築 (東北アジア研究専書) 新泉社(年01月26日) 高倉浩樹; 山口睦; 被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。.

復興のなかの発見と創造:震災復興関連事業に関わった一民俗学者の随想,高倉浩樹・山口睦編『震災後の地域文化と被災者の民俗誌:フィールド災害人文学の構築』 新泉社 ( 69 ~ 85頁 ). ショッピング!2,750円~ご購入可能です。最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご確認頂. 1 震災後、被災者と地域社会はどんな変化を遂げたのか。無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありようなど. 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築 フォーマット: 図書 責任表示: 高倉浩樹, 山口睦編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新泉社,. 無形民俗文化財が被災するということ 著高倉浩樹・滝澤克彦 3・11で甚大な震災被害を被った沿岸部地域は日本でも有数の無形民俗文化財(民俗芸能や祭礼など)の宝庫である。しかし、無形ゆえに再開は難しく、それゆえに地域住民の葛藤も深い。.

震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築 Format: Book Responsibility: 高倉浩樹, 山口睦編 Language: Japanese Published: 東京 : 新泉社,. 10 図書 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 :. 本シンポジウムの目的は、被災者の日常的な暮らしの復興に対し、地域社会に伝わってきた文化が果たす役割を明らかにすることである。 震災後の復興事業として文化財調査に関わった研究者や民俗芸能保存団体の活動を振りかえながら、なぜ民俗芸能が. 【メール便利用不可】。震災後の地域文化と被災者の民俗誌 フィールド災害人文学の構築 (東北アジア研究専書)本/雑誌 / 高倉浩樹/編 山口睦/編. 民俗文化の伝播と変容. 無形民俗文化財が被災するということ 高倉 浩樹・滝澤 克彦 編 年3月2日.

837 書誌ID: BBISBN. 11 図書 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築. 1 Description: 283p ; 21cm Authors:.

8 図書 極北の牧畜民サハ : 進化とミクロ適応をめぐるシベリア民族誌. 高倉浩樹編著 言語: 日本語. 8 図書 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築. 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 フィールド災害人文学の構築 (東北アジア研究専書)ならYahoo! 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 フィールド災害人文学の構築:こだわりの本やコミックをきっと見つけられるヤマダモール。エッセイ・法律書籍からコミック・デザイン雑誌まで取り揃え!ヤマダポイントを貯めて、ポイントでお得にお買い物をしましょう!.

本研究会では、そのような活動の一つである「東日本大震災に伴う被災した民俗文化財調査」プロジェクトの展開過程を描いた『無形民俗文化財が被災するということ―東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌―』(高倉浩樹・滝澤克彦編、新泉社. 『震災後の地域文化と被災者の民俗誌 』 フィールド災害人文学の構築 東北アジア研究専書 高倉浩樹/編 新泉社. Nomads of Siberia and Africa : livelihoods with domestic animals in the Arctic and the Desert: 主題: 民族学.文化人類学. 東日本大震災によって被災した地域社会の復興において無形民俗文化財は重要な役割を果たしている。その調査研究の応用的側面の実施状況を海外に向けて発信し国際的ネットワークを構築することが本事業の目的である。三年間のなかで、国際研究集会等をイギリス、ニュージーランド. 高倉, 浩樹(1968-), 山口, 睦(1976-). 高倉浩樹・山口睦編『震災後の地域文化と被災者の民俗誌 ―フィールド災害人文学の構築―』(加藤幸治)150 田中宣一著『柳田国男・伝承の「発見」』(小池淳一)151 小畑紘一著『祭礼行事柱松の民俗学的研究』(八木透)152.

6 形態: 71p ; 21cm 著者名: 尾木, 直樹(1947-) シリーズ名: 岩波ブックレット ; No. 高倉, 浩樹(1968-) 曽我, 亨(1964-) シリーズ名: 東北アジア学術読本 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 - 高倉浩樹 ; 1 書誌ID: BBISBN:. 8 図書 無形民俗文化財が被災するということ : 東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌 高倉, 浩樹(1968-), 滝澤, 克彦(1975-) 新泉社. 高倉浩樹・滝澤克彦編 『無形民俗文化財が被災するとい うこと 一 東日本大震災と宮城県沿岸部地域社 会の民俗誌』 東京,新泉社,年 318頁,2,500円 (+税) 飯田 卓* 題名が示すように 、 本書のテ ー マは明確だ 。 宮城. 震災後の地域文化と被災者の民俗誌-フィールド災害人文学の構築 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 高倉浩樹・滝澤克彦編, 『無形民俗文化財が被災するということ-東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌』, 東京, 新泉社, 年, 318頁, 2,500円(+税). 東日本大震災後、地域社会に伝わってきた文化は、被災者の日常的な暮らしを取りもどす一助となってきました。 本シンポジウムの目的は、震災復興過程における民俗芸能や祭礼の役割について、そしてそのために地域・行政・大学がどのように協力できる. 38-52 新泉社 18.

文化からの復興:市民と震災といわきアリオスと (ニッセイ基礎研究所・いわき芸術文化交流館アリオス編著、水曜社、年) 震災後の地域文化と被災者の民俗誌:フィールド災害人文学の構築 (高倉浩樹・山口睦編、新泉社、年). 所属 (現在):東北歴史博物館,学芸部,副主任研究員, 研究分野:震災問題と人文学・社会科学,文化人類学・民俗学, キーワード:災害研究,災害展示,津波,文化財,東日本大震災,歴史災害,博物館,展示,防災,文化人類学, 研究課題数:3, 研究成果数:28, 継続中の課題:東日本大震災を契機とする歴史. 8 図書 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 :.

無形民俗文化財が被災するということ - 東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌 - 高倉浩樹 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 宮城県震災無形民俗文化財調査(略称みやしんぶん)後継の東北大学東北アジア研究センター震災共同研究ブログです。 年11月 - 共同研究「東日本大震災後の復興過程に関わる地域社会比較と民族誌情報の応用」ブログ. (1 共著)生きた文化財を継承する―無形文化遺産と被災・復興(高倉浩樹・山口睦 編) 『震災後の地域文化と被災者の民俗誌―フィールド災害人文学の構築』 pp. 1: 総合人類学としてのヒト学: 高倉 浩樹【編著】 nhk出版 放送大学教育振興会 日本放送出版協会:. 被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。 無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありよう、被災者支援など、 民俗学・人類学・宗教学の立場で地域社会と人びとの姿を見つめ、 災害からの再生と減災に果たす生活文化の役割を考える。. &0183;&32;“目次あり。「祭礼や民俗芸能の復興、慰霊と記念碑・行事、被災者支援と地域社会、暮らしの文化そのものが持つ再生へ.

1 形態: 283p ; 21cm 著者名:. 震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築 資料種別: 図書 責任表示: 高倉浩樹, 山口睦編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新泉社,. 被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。 無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありよう、被災者支援など、民俗学・人類学・宗教学の立場で地域社会と人びとの姿を見つめ、災害からの再生と減災に果たす生活文化の役割を考える。. 『震災後の地域文化と被災者の民俗誌 -フィールド災害人文学の構築』 高倉浩樹・山口睦編 新泉社 年1月刊行 定価2,500円+税 お問い合わせ 会場について 一柳 智子(郡山女子大学)t.

20: ブロニスワフ・ピウスツキのサハリン民族誌. 日常を取り戻す力に 評者今石みぎわ=東京文化財研究所研究員 民俗芸能や祭り行事のように形を持たない文化が東日本大震災の復興において果たした役割は何か。 宮城県沿岸部における無形の民俗文化(財)の震災.

震災後の地域文化と被災者の民俗誌 - 高倉浩樹

email: udotew@gmail.com - phone:(549) 660-8870 x 6405

CFP試験読んで受かる「合格読本」 2005 金融資産運用設計/不動産運用設計 - DAI-X総研FP試験対策プロジェクト - ハンドブック MSーDOS

-> よくわかる「コンクリート建物のひびわれ」 - 岡田晢
-> Jリーグプレーヤーズ名鑑 登録選手徹底完全ガイド ファーストステージ 2003

震災後の地域文化と被災者の民俗誌 - 高倉浩樹 - 啓林館版 中学教科書ワーク


Sitemap 1

虹を追いかけて - サンドラ・フィールド - 川井春水 名前でわかる七曜日占い